Menu
Close

News Releases

CenturyLink Cloud Connect Dynamic Connectionsは世界中でのクラウド、データセンター環境へのオンデマンド接続を実現

*ポータルないしAPIアクセスがセキュアでセルフプロビジョニングなネットワーク接続を可能にする

モンロー(米ルイジアナ州), 2018年10月10日 /PR Newswire=共同通信JBN/ -- 企業はセキュアで迅速、かつ容易な方法で自らのオフィスおよびデータセンターをクラウドサービスプロバイダーと接続し、急変するITアプリケーションおよびインフラストラクチャーの需要をサポートする必要がある。CenturyLink, Inc.( https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2257317-1&h=1380878602&u=https%3A%2F%2Fc212.net%2Fc%2Flink%2F%3Ft%3D0%26l%3Den%26o%3D2257317-1%26h%3D3641248858%26u%3Dhttp%253A%252F%252Fnews.centurylink.com%252F%26a%3DCenturyLink%252C%2BInc.&a=CenturyLink%2C+Inc.   )(NYSE: CTL)は9日、Cloud Connect Dynamic Connections( https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2257317-1&h=139981924&u=https%3A%2F%2Fc212.net%2Fc%2Flink%2F%3Ft%3D0%26l%3Den%26o%3D2257317-1%26h%3D2775214235%26u%3Dhttps%253A%252F%252Fwww.centurylink.com%252Fbusiness%252Fdiscover%252Fdynamic-connections.html%26a%3DCloud%2BConnect%2BDynamic%2BConnections&a=Cloud+Connect+Dynamic+Connections )を発売し、向上したネットワーク制御をエンタープライズに提供するとともに、セキュアなポータルないしはAPIインテグレーションを通じて、オンデマンドで容易なセルフプロビジョニング接続を提供する。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/754295/Dynamic_Connections_Image_2018.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/325657/centurylink_logo.jpg

CenturyLink Cloud Connect Dynamic Connectionsは、クラウドサービスプロバイダーへのプライベートEthernet接続のリアルタイム設定および解除を可能にする。顧客は今後、プライベートクラウドおよびデータセンターをはじめ、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)などのクラウドプロバイダーを含むハイブリッドクラウド・ワークロード全体におけるダイナミックな接続が可能になる。AWS GovCloud(米国)もこの接続オプションに含まれる。

エンタープライズがどのようにしてクラウドとダイナミックな接続ができるかはhttps://www.centurylink.com/business/discover/dynamic-connections.html を参照。

この新しい機能によって、エンタープライズはさまざまな設定において柔軟で高性能なネットワーキングを活用することが容易になる。CenturyLink Cloud Connect Dynamic Connectionsを使用すれば、企業はCenturyLinkの堅ろうなファイバーネットワーク上で、2200以上のパブリックおよびプライベートのデータセンター、および10万以上のオンネット・エンターブライズ・ビルディングの地点を世界中のクラウドサービスプロバイダーに迅速かつ容易に接続することが可能である。

ビデオを参照: https://www.centurylink.com/business/discover/dynamic-connections.html#video  

CenturyLinkのポール・サビル上級副社長(コアネットワーク&テクノロジーソリューション担当)は「CenturyLinkはいまや、世界中の企業のオフィス、パブリックデータセンター、クラウドサービスプロバイダー間で、オンデマンドかつリアルタイムのネットワーク接続を提供できる。これは、CenturyLinkのグローバルネットワークおよびハイブリッドクラウド管理ソリューションが企業によるクラウドエコシステムの活用を容易にできることも実証している。当社のオンネット顧客はどこにいようが、クラウド体験に匹敵するネットワーク体験をすることが可能である」と語った。

Atlantic-ACMのフョードル・スミス社長は「従来の切り替え式Ethernet回線のデリバリーは契約調印からターンアップまで、多くのキャリアにとって平均して60日を必要としているため、同じサービスを数分でターンアップできるCenturyLinkのCloud Connect Dynamic Connectionsなどのサービスは極めて貴重である。クラウドサービスによって実現されるオンデマンド環境は、従来のネットワーク実装の時間的な制約によって縛られたり、データセンター間の接続に制限されたりすることがなくなる」と語った。

▽主要ファクト

*CenturyLink Cloud Connectポートフォリオの1つであるCenturyLink Cloud Connect Dynamic Connections は北米、アジア太平洋、欧州にある数千カ所で利用可能である。

*CenturyLink Cloud Connect Dynamic ConnectionsはAWS GovCloud(米国)を含むAWSで利用可能である。

*CenturyLink Cloud Connect Dynamic Connectionsは、CenturyLinkのソフトウエア定義ネットワーキング(SDN)テクノロジーを使用するCenturyLinkの冗長性があるグローバルファイバーネットワーク全域でプライベートMEF Carrier Ethernet 2.0を介して提供される。

*この接続はプライベート・レイヤー2ネットワークとして、外部脅威に対して本質的にセキュアであり、曝露を最小限に抑える。

*従量制モデルによる課金。あらゆるダイナミック接続は時間制であり、長期契約および早期契約解除手数料を伴わない。(注1)

▽追加資料

*CenturyLink Ethernetサービスに関する詳細はウェブサイトhttps://www.centurylink.com/business/networking/ethernet.html を参照。

*CenturyLink Cloud Connect solutionsに関する詳細はウェブサイト

http://www.centurylink.com/business/hybrid-it-cloud/cloud-connect.html を参照。

▽CenturyLinkについて

CenturyLink(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2257317-1&h=3745923229&u=https%3A%2F%2Fc212.net%2Fc%2Flink%2F%3Ft%3D0%26l%3Den%26o%3D2257317-1%26h%3D4012682229%26u%3Dhttp%253A%252F%252Fwww.centurylink.com%252F%26a%3DCenturyLink&a=CenturyLink  )(NYSE: CTL)は、グローバルエンタープライズ顧客に対する米国第2位の通信プロバイダーである。CenturyLinkは60カ国以上に顧客を擁し、顧客体験に重点を置きながら、高い信頼性とセキュアな接続への顧客の高まる要求を解決することによって、世界最高のネットワーキング企業になることを目指している。同社は顧客の信頼できるパートナーとして、ますます複雑化するネットワークおよびITの管理をサポートし、顧客のビジネスを守るマネジドネットワークおよびサイバーセキュリティー・ソリューションを提供している。

(注1)短期および早期契約解除料金を伴うネットワークサービスのためのCenturyLinkマスターサービス契約は、Dynamic Connectionsへのアクセスを得るために必要である。

ソース:CenturyLink, Inc.

For further information: ▽問い合わせ先 : Caitlin Jenney, (303) 992-2525, caitlin.jenney@centurylink.com